Nanzan Tokiwakai:Official Site

同窓生の書籍紹介

ブランド戦略論

掲載日:2018.1.19

著者:田中洋
出版社:有斐閣、2017年12月刊
価格(税込):円

マーケティングや経営でこの20年以上、大きなテーマとして取り上げられているブランドについて、体系的な著書をまとめました。理論,戦略,実践,事例と包括的にブランドをとらえ,実践的な内容を含めてまとめ上げた「日本初の本格的体系書」です。理論と実践のプログラムに加えて、ブランド構築事例を30件盛り込み,研究と実践の両方に役立つ内容となっています。

本書の構成は以下です:

 第1部 理論篇
第1章 ブランドをめぐって
第2章 ブランドと交換
第3章 イノベーションとブランド
第4章 ブランド史の構造
 第2部 戦略篇
第5章 統合ブランド戦略の全体像
第6章 フェーズ1 ブランド構築の基礎
第7章 フェーズ2 経営レベルのブランド戦略
第8章 フェーズ3 マーケティング・レベルのブランド戦略
第9章 フェーズ4 コミュニケーション・レベルのブランド戦略
第10章 フェーズ5 ブランド戦略の実行と管理
 第3部 実践篇
第11章 企業ブランド戦略
第12章 ブランド拡張戦略
第13章 グローバル・ブランド戦略
第14章 ブランド戦略の諸相
 第4部 事例篇
1.食品・飲料ブランド
2.日用品ブランド
3.耐久性消費財ブランド
4.ヘルスビューティケア・ブランド
5.サービス流通ブランド
6.カルチャー・ブランド
7.ツーリズム・ブランド
8.BtoBと企業ブランド

【著者紹介】

田中 洋(たなか ひろし)
中央大学ビジネススクール(大学院戦略経営研究科)教授。
1951 年名古屋市生まれ。南山中学校・高校卒業後、1975年、上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業。南イリノイ大学大学院ジャーナリズム研究科修士課程修了,慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位修得。京都大学博士(経済学),日本マーケティング学会会長。マーケティング戦略論専攻。