Nanzan Tokiwakai:Official Site

同窓生の書籍紹介

哲学はランチのあとで

掲載日:2011.9.26

著者:G45 内藤 理恵子
出版社:風媒社
価格(税込):1470円

G12 足立恵子さんからおすすめのコメント

哲学はランチのあとで

副題は「映画で学ぶやさしい哲学」。

「哲学って何となくとっつきにくい」と思っていらっしゃいませんか。本書はそんな皆さんと哲学の距離をいっきに縮めてくれそうな素敵な一冊。

こんなときに読んでください
*大切な人と別れたとき。
*新しくスタートしたいとき
*ひとりぼっちだと思った時
*その他いろいろ

哲学表現の新しいスタイルとして著者の内藤理恵子さんは映画(100本)を題材としていますが、その映画の捉え方も独特です。例えば食とつなげたりしているのも、とても面白い。随所にいろんな食べ物が登場。「ひしゃげたトマト」「シンクに溶ける食べかけのアイスキャンデー」「シチリア風気まぐれ地中海パスタ」「チロルチョコ」などなど・・・・。これらが、どんな場面で、何のためにでてくるのかは、読んでみてのお楽しみ。

読後は多分、映画も観たくなりそう。でもご安心を。ほとんどが、ビデオ屋さんで借りられるそうです。

                          G12 足立恵子